前へ
次へ

土地活用の考え方における順序とは

土地活用においては、自分の土地であるため、好きな様に活用できると思われている人もいるかもしれません。
個人の土地であっても、自治体が設定している都市計画の用途地域に合わなければ、規制として土地活用ができない場合もあるのです。
主に用途地域は、住居系、商業系、工業系の三つに分かれています。
住居系の第一種低層住居専用地域では、住居であっても高層マンションなど高い建物が建てられない制限がかかっている場合もあるのです。
ただし、住居系に指定されている地域であっても、デイサービスや事務所などが建てられる場合もあります。
自治体によってその規制内容が多少違い、土地活用する場合は自治体で確認されるのもお勧めです。
土地活用の方法は、選択肢が沢山存在します。
そのため、考え方としては、規制がかかっている活用できない内容から探されていくのも良いでしょう。
実際に、土地のある場所に足を運び、周りの様子を確認するのもポイントです。
アパートやマンションなど、空室が目立つ場所であれば、アパートやマンションなどを建てたとしても人が集まらない可能性があるはずです。
入居者が多くいれば、駐車場の需要や、トランクルームなどの活用が見出せるかもしれません。

Page Top