前へ
次へ

賃貸で土地活用する時の注意点

土地活用の手段の1つに、賃貸があります。
土地を持て余してしまうのも勿体ないですし、家賃収入などを目的に賃貸経営を検討している方も少なくありませんが、年数には注意を要します。
一定の年数を経過しますと、少々難しくなってしまう事もありますから、よく確認しておく必要があります。
というのも土地活用には、借地期間があります。
ずっと貸し出しを続けられる訳ではなく、あくまでも一定の期間に限定される訳です。
基本的には、30年が1つの目安になります。
31年以上に渡って貸し出しするのは少々困難ですから、注意が必要です。
それともう1つ注意点があって、立地は良好であるかどうかを見極める必要があります。
確かに賃貸という方法も悪くありませんが、状況によっては赤字になる可能性も否定できないからです。
入居者を確保できなかった時には、かえって赤字になる可能性があるでしょう。
入居者確保は場所に左右される一面がありますし、良い立地かどうかよく見極める必要があります。

Page Top